梨野礫・著作集

古稀を過ぎた老人が、これまでに綴った拙い文章の数々です。お読み捨てください。

「幼児の言語発達」(村田孝次著・培風館・1968年)抄読・10

《発声行動の手段化とその要因》
【要約】
 子どもはいつごろから外界刺激の特性に対応するような行為をするようになるのか。また、このことはどのように確証されるのか。
 “(新生児は)手足をランダムに屈伸し、特殊な、つまり特性記述可能な行為をしない。「有意味だ」といえる運動が発生するにつれて、その運動がその環境へと方向づけられるようになり、そのときに「目的」とか「ポイント」がはっきりしてきたという確信を乳児にみつけることができる”(Latif,1934)。
 乳児の発声についてもこの原理は適用されるが、発声行動では他の多くの筋反応のように、それによって直接外界に対処したり作用を及ぼすのではなく、他者(聞き手)に働きかけることによって他者を介して外界に作用を及ぼすという間接的経路をとる。しかし、このことは、一般の乳児の環境ならば実行困難なことではない。育児者は乳児のこの発声行動に敏感に応じ、彼の欲求をみたすために努力するからである。
 初期叫喚は変化には乏しいが、強い刺激として育児者の注意をひき、即時的に効果をあげることが多い。音声型自体は、原始的、未分節だが、このような効果の即時性によって
十分確実に強化され、比較的早期にその手段化が達成されると考えられる。これが発声反応の手段化の第1号であるという点が注目されなければならない。
 “疑いもなく叫喚は、乳児の最も初期には、子どもの側になんらの意識的意味はない。しかし、それは成人にとっては意味があり、成人はそれを乳児の苦痛の記号として理解するのである”(Latif,1934)。
 子どもの発声に対する成人の応答ないし処置(強化)が発声を手段化し“有意味化”する点を、スキナーはその言語行動理論で最も中心的な原理としている。彼は“言語行動”を、“他者の媒介を通じて強化される行動”と定義している(Skinner,1957)。
 彼によると、言語行動が他の手段行動と異なる点はただ一つであり、それは他の手段行動が物理的環境から強化(結果)を受けるのに対して、言語行動への強化は社会的である(他者を通じて与えられる)という点である。どんな大声で“水!”と叫んでも、聞き手のいないところでは強化をもたらすことはない(この点はのちに述べるマウラーの自閉強化説と対立する)。スキナーにとって言語行動を特徴づけるものは、その反応様式ではなく、強化様式である。スキナー理論においては、叫喚もまた社会的強化をうけることによって手段行動となるのだが、この点については異論がないであろう。


【感想】
 新生児期から乳児期にかけて、子どもは(反射的、単調に)「オギャー、オギャー」と発声するが、それが目的をもって「手段化」する要因は何かについて述べられている。 子どもがその発声を手段化するためには《聞き手》が必要不可欠である。聞き手は《即時に》対応(声かけ、授乳、世話など)することによって、子どもは発声すれば(泣けば)結果が得られるということがわかる、ということである。子どもの泣き声は、子ども自身よりも「それは成人にとっては意味があり、成人はそれを乳児の苦痛の記号として理解するのである”(Latif,1934)。」という説明が、たいそう興味深かった。
 「子どもの泣き声」は育児者(親)にとって大きな意味があるが、親以外の第三者にとっては、犬や猫の鳴き声と同じ程度に「うるさいだけで」意味がない。乗り物の中で、乳児が大声で泣き出せば、周囲の大人が注目し、顔をしかめる風景は日常茶飯事である。だから、他人には子どもが育てられないということであろう。
 要するに、子どもは「泣き声」を「手段化」する。著者は「これが発声反応の手段化の第1号であるという点が注目されなければならない」と述べているが、私も全く同感である。ここから、子どもの言語活動(談話)の第一歩が始まるということがよくわかった。
 自閉症児の「言語発達」について考える時、ここでは、育児者(親)が子どもの発声に対してどのように反応、対処したか、という点が大きなポイントになる。①子どもが泣いても《即時に》反応しなかった。②子どもの泣き声を「苦痛の記号」として理解したが、苦痛を頻発、増大させないために、「泣かせない」ような対応をした、その結果、子どもは「泣く」ことを《手段化》できなかった、というような実態はないか、きめ細かに検証することが重要だと、私は思った。
(2018.3.6)

「させていただく」な!

 国会中継や記者会見などで、議員がやたらと「○○させていただく」という文言を使うことが鼻につく。議員は選挙民に選ばれて「議員にさせていただいて」いるのだから当然かも知れないが、「説明させていただく」だとか「使わせていただく」だとか、「調べさせていただく」だとか、自分の行為まで「させていただく」のはいかがなものか。
 「させていただく」を多用するのは、自分は「国民に奉仕している」という姿勢を印象づけるためだろうが、普段の生活・言動とは真逆なだけに、片腹痛い。バッチをひけらかし、まわりから「先生」などと呼ばれて悦に逝っている連中が、口先だけ「させていただく」などと謙虚なそぶりを見「せても、誰も信用しない。
議員の皆さん、「○○させていただく」なら、もっと謙虚になりなさい。もっと質素になりなさい。国民の平均的な生活レベル以下を目指して、さわやかに暮らしなさい。あなたがたは、「全体の奉仕者」です。国民の権力に従う義務があるのです。「主権在民」の意味、理念をくれぐれも忘れないように。
(2024.3.2)

「幼児の言語発達」(村田孝次著・培風館・1968年)抄読・9

■初期音声における意味
《叫喚の発達》
【要約】
 言語学者サーピアは、初期叫喚の“意味”に関連して「・・本能的な叫喚はどんな厳密な意味でも伝達(communicationn)とはならない。」(Sapia,1921)と述べている。初期の本能的叫喚はたしかにサーピアのいうような機能の範囲を出ないが、叫喚も、機能面では発達変化をする。子どもの談話の発達過程を研究する立場からみると、叫喚の発達的変化をあとづけることは、言語行動の発達研究の一つの仕事である。
 初期叫喚は、型の特異性、単調性、情動との固い直結性からみて、非叫喚とは区別されるべきかもしれないが、談話行動を一般的な見地からみれば、叫喚も非叫喚と同様、漸次新しい要因に規定され、かつ手段化されるのである。
 問題にすべきことは、非叫喚と叫喚のいずれが言語機能の個体発生の源泉であるかということを決めることではない。それらが、談話の発達にそれぞれどのように寄与するかを知ることがたいせつであろう。そして、非叫喚がもっぱら談話の発生母胎であるかのように考えるのは、音声面にその関心が偏っているためであるということを考えてみる必要があろう。


【感想】
 ここでいう初期叫喚および叫喚とは、うぶ声から始まる「泣き声」であり、「オギャーオギャー」と表現される。非叫喚とは、それ以外の発声であり「アー、ウー」「オックン、オックン」などと表現される。そのどちらが言語(談話)の母胎(源泉)になるかという問題について考えるとき、音声面をみると非叫喚の方が談話音に近いので、非叫喚が言語機能の源泉であるという考えをしがちだが、著者は「それぞれがどのように寄与するかを知ることがたいせつであろう」と述べている。その考え方に、私もまた全面的に同意する。 サーピアは「叫喚はコミュニケーションではなく、伝達の機能を持たない」としているが、それは出生直後の「うぶ声」だけにいえることであって、以後の「泣き声」は母親の注意を喚起し、必要な世話をさせるための、きわめて重要な手段であると、私は思う。
 さらに、叫喚は情動と直結しているために、言語の主体的表現(感動詞、助詞、助動詞など)の発生に大きく寄与するのではないだろうか。一方、非叫喚は、子どもの情動が安定している(平静な)時に出る音声であり、言語の客体的表現(名詞、形容詞、動詞など)の母胎になるのではないか、と私は考える。 
(2018.3.8)