梨野礫・著作集

古稀を過ぎた老人が、これまでに綴った拙い文章の数々です。お読み捨てください。

漢方薬「イスクラ開気丸」

 「逆流性食道炎」による不快感(吐き気、腹部膨張感、食欲不振、便秘)には「イスクラ開気丸」という漢方薬が効くという情報を得たので、市内の漢方薬局4店に電話で問い合わせた。1店目はデパート7階にある漢方プティック、若い店員(男性)が出て、「イスクラは扱っていません」、2店目は大正12年創業の老舗薬局、ここも「イスクラは扱っていません」、3店目は駅から徒歩6分、応対に出た店主(高齢男性)は息も絶え絶えといった声量で「・・・・」、しばらく絶句の後「それは、ありません」ということだった。なるほど、これは容易に手に入らないだろうと覚悟を決め、念のために4店目に電話すると、応対に出た女性(おそらく店主の妻)はたいそう親切で、「うちでは扱っておりませんが、○○薬局さんにはあると思います。もしなかったら、私の実家も漢方薬局なのでそちらに電話してみてください。京都四条なので送料がかかりますが、1万円以上御購入の場合は無料です」と言い、電話番号を教えてくれた。まったく見ず知らずの相手に対して、最後は「どうぞ、お大事に」という言葉も添えられて、まことに心温まる対応であった。同じ薬局でありながら「天地の差」があることを思い知った次第である。
 さっそく○○薬局に電話してみると「イスクラ開気丸ですね。ハイ、ありますよ。・・・・お待ちしております」ということでメデタシ、メデタシ。「間欠跛行」を押して、買い求めることができた。
 とりあえずこれで「逆流性食道炎」を克服する目途はたったかもしれない。あとは、再発気味の「脊柱管狭窄症」をどうするかだ。とはいえ、私は様々な「病」と闘っているのではない。健康寿命を超えた身で「闘う」などとは身の程知らずも甚だしい。ただゲーム感覚で楽しんでいるに過ぎない。今は、ゲーム感覚で戦争をする時代だが、(病気との)戦争感覚でゲームをする「知恵」を学びたいと思っている。
(2019.1.17)

一難去ってまた一難

 まったく人間の身体とはよくできたもので、3日前(抜歯の抜糸により)「身体的故障」はなくなったと記したかと思えば、何と何と、ほぼ10か月前に発症した「脊柱管狭窄症」が再発しようとは・・・。昨日から右腰に疼痛が生じていたが、今日は持続歩行がかなり困難になってきた。昨年の「急性心筋梗塞」の発症より3か月前から「間欠跛行」の症状は続いていたので、このままいくと3カ月後には「急性心筋梗塞」を再発するという計算になる。ただ異なる点は、血液サラサラにする薬、血栓を抑える薬、血圧降下剤、コレステロールの合成を阻害する薬、胃液の分泌を抑える薬、心臓の働きを回復させる薬を毎日服用しているので、同じ結果を招くとはいえない。
 不思議な点は、なぜ今ここにきて(すっかり忘れていた)「脊柱管狭窄症」が再発したかということである。心臓リハビリ、「逆流性食道炎」の回復プログラムには、適度な運動が不可欠と書かれており、努めて外出を心がけていたのだが・・・。
 それにしても「一難去ってまた一難」、よくもこう次々と症状が(入れ替わり)持続するものだと感じ入ってしまった。さもありなん、72歳までは健康そのものであったのだから、以後、相応の「病苦」を味わなければ不平等というものであろう。しかも、「病苦」は同時に押し寄せるのではなく、じわじわと、一つ一つ念を押すようにやってくるのが興味深い。まさに「笑うほかはない」のである。
 ここ半年ばかりは、息切れ、動悸、吐き気、腹部膨張感、食欲不振、倦怠感、脱力感、歯痛が次々と到来、ようやく治まりかけたと思いきや、また「間欠跛行」というスタートラインに立ち戻ったのだから・・・。だが待てよ、それは「間欠跛行」以前の段階に戻るという前兆かもしれない。吉と出るか凶と出るか、楽しみな毎日ではある。
(2019.1.16)

横綱・稀勢の里の《選択肢》

2017年7月12日(水) 晴
 大相撲名古屋場所三日目、横綱・稀勢の里は前頭二枚目・栃の心に敗れ1勝2敗となった。このまま土俵を続ければ、負け越すことは必定、たとえ勝ち越しても横綱の成績としては不本意な結果に終わるだけだろう。敗因は「左大胸筋損傷、左上腕二頭筋損傷」が全治していないことにある。そこで休場という選択もあるが、それでは先場所と同じである。稀勢の里の負傷は、おそらく力士生命にかかわる深刻な状態に違いない。はたして、以前の状態に快復できるのだろうか。私の独断・偏見によれば、横綱・稀勢の里のとるべき道はただ一つ、引退という選択である。そんなバカな、まだ横綱になったばかりなのに、日本出身の力士として、誰にも負けない強い横綱になってもらいたい、誰もがそう願っているだろう。しかし、身体がそれを許さないとすれば、潔く引退することも横綱の道なのである。そうなったとしても稀勢の里の魅力が消失するわけではない。3月場所、初横綱で初優勝した実績は燦然と輝いているのである。重傷を負いながら必死で相手を倒し、賜杯を手にすることにも難渋した、あの時の姿は誰もの脳裏にしっかりと刻まれている。恋々と地位にしがみつけばつくほど、その輝きは色褪せるのだ。「花は桜木、人は武士」という言葉もある。パッと咲いてパッと散る横綱であってこそ、名横綱と言えるのである。相手が自分より強いと感じると、張り手、かち上げなどで戦意を喪失させる。そんな戦法でいくら勝星を重ねたとしても、相撲道とは無縁である。堂々と受けて立ち、堂々と勝負する、まさに勝負は「時の運」だが、負けた時は潔く身を引く、それが稀勢の里のとるべき唯一の道ではないだろうか。