梨野礫・著作集

古稀を過ぎた老人が、これまでに綴った拙い文章の数々です。お読み捨てください。

「急性心筋梗塞」病状記・5・《「病牀六尺」》

 入院した時、私は「こんな所にいつまでも居られない。最短時間で出てやるぞ!」と決意した。その通り、おそらく最短時間で退院することができたのだが、以後の「療養生活」は順調ではない。たえず「吐き気」におそわれ、思うように食べられない。その結果、体重は60kgから57kgに減った。「脱力感」「倦怠感」も著しく、「1時間起きて1時間横になる」という生活を余儀なくされている。
 情けないことだが、再度入院し(病院の)「他力」(点滴、その他の手当)に頼りたくもなる。だがしかし、せっかく自由の身になったのだから、「自力」(自宅)で療養しなければ意味がない。検査の結果に異状が認められないとすれば、当分はこのままで「耐える」ほかはないのだろう。
 今日は朝4時に起床し、体重・血圧測定の後、「涼しい時間帯のうちに」近くのコンビニまで買い物に行ってきた。徒歩往復15分の距離だが、やはり疲れる。朝食(サンドイッチ1片、ゼリー飲料、コーヒー)を無理矢理流し込み、服薬する。起居はそこまで、7時には再び横になって、CD音楽を聴く。いつものモーツアルトではなく、J・S・バッハの「チェロソナタ第1番~第3番」(パブロ・ザルス&パウル・バウムガルトナー)にしてみると、たいそう気分がよくなった。勢いにのって、次はモーツアルトの「ディベルトメント」(K136-138,334)、「ピアノ三重奏曲」(K502,496.254)まで聴くと昼になった。
 「療養生活」の特徴は、いうまでもなく「時が経つのが遅い」(時間をもてあます)ということである。自分は何もしないのだから「時の流れに身をまかせ」るほかはない。正岡子規の「病牀六尺」には以下のような文章がある。
○支那や朝鮮では今でも拷問をするさうだが、自分はきのふ以来昼夜の別なく、五体すきなしといふ拷問を受けた。誠に話にならぬ苦しさである。
○人間の苦痛はよほど極度へまで想像せられるが、しかしそんなに極度にまで想像したやうな苦痛が自分のこの身の上に来るとはちよつと想像せられぬ事である。 
 そして辞世の句は「糸瓜の咲て痰のつまりし仏かな」「をとゝひのへちまも水も取らざりき 」「痰一斗糸瓜の水も間にあはず」の三篇だそうな。享年34歳、昔の人の生き様(死に様)は、当世では及びもつかぬ壮絶さだった、と私は思う。 
 子規の苦しさに比べれば、私の不快感(吐き気、脱力感、倦怠感)など《月並み》なのである。さしあたっては、「吐き気」のツボ「内関」、「胃痛」のツボ「合谷」「足三里」「中かん」にゲルマニウムを貼って様子をみることにする。
(2018.8.11)

温泉素描・法師温泉「長壽館」(群馬県)

今や、群馬県法師温泉「長壽館」は<国宝級>の温泉となった。
国鉄の観光ポスターで一躍有名となったが、「俗化」するどころか益々「秘湯」への道を極めつつあるのである。ここを訪れたさまざまな人々に「温泉とは何か」を教えてくれる稀有な温泉である。
 湯は透明で、浴槽の底に敷かれた玉砂利の間から、一泡、二泡と数秒間隔で沸き上がる。それは大地のやさしい息づかいにも見え、傷ついた私たちの身や心をあたたかく包み込んでくれる。飲めば卵酒に似て、都会生活で汚染された私たちの五臓六腑に沁みわたり、種々の毒物をきれいに洗い流してくれるようだ。
 温泉の真髄は「泉質」にあるが、ここではその「泉質」をさらに磨き上げようとして、ありとあらゆる工夫がなされている。たとえば、浴槽、浴室、客室にふんだんに取り入れられている木材の活用である。浴槽は木枠で大きく四つに仕切られ、ひとつひとつの浴槽には太い丸太が渡されている。それは私たちが長時間、湯に浸るための枕なのである。湯は絶え間なくあふれ、浴槽に沿って造られた排水路からすべるように流れ出ていく。見事な設計である。浴場は窓枠の鉄を除いて、床、壁、天井にいたるまで、すべてが木造建築である。浴槽の中で丸太に身をあずけ天井を見上げれば、組木細工にも似た匠の技を心ゆくまで味わうことができる。湯滴がポツリと落ちてくることなどあり得ないのである。浴場は毎朝の手入れによってどこまでも清潔に保たれているが、窓枠に張られた蜘蛛の巣を見逃すことはできない。浴場にしつらえられた行燈の灯りを求めてやってくる蛾や羽蟻をそれとなく防いでくれるのであろう。
 ふんだんに取り入れられた木材の活用は、私たちの嗅覚をなつかしく刺激する。遠く過ぎ去った日々への郷愁をあざやかに呼び起こしてくれるのである。玄関、廊下、客室にただよう独特の匂いは、まさに「日本の家」の匂いであり、幼かった日々の思い出や、懐かしい人々の面影を一瞬のうちによみがえらせてくれるはずである。驚嘆すべきは、廊下から浴場につながる、ほんの一渡り「床」である。私はこの「床」に「法師温泉長壽館」のすべてを見るような気がした。段差のある渡りを、折り曲げた木材でスロープのようにつないでいるのである。研ぎすまされた建築技術と、それを守りつづけようとする従業員の営みに脱帽する他はない。
 さらにたとえば、館内の照明である。蛍光灯は極度に制限され、浴場はもとより玄関、廊下、客室のすべてに白熱灯が使用されている。傷ついた身や心を癒してくれるのは「ぬくもり」以外の何物でもなく、裸電球のおだやかな光が館内を温かく照らし出しているのである。私たちは眩しすぎる明るさに慣れきってしまったが、「日本の家」の明るさは、陽光、月光、篝火、灯火など自然の産物によってもたらされてきたことを忘れてはならないだろう。それは自然の暗闇を前提とした明るさに過ぎないものであり、今となってはむしろ、ここの浴場のような暗さの中にこそ本当の明るさが潜んでいるのではあるまいか。客室にはテレビが備え付けられているが、そこに映し出される様々な情景が玩具の世界のように感じられて興味深い。縁側の籐椅子にもたれて、空ゆく雲を眺め、川の瀬音を聞いている方が飽きないのである。テレビの騒音など川の瀬音に見事にかき消されてしまう。 そういえば、この法師川の流れも重要な役割を果たしている。というより、この法師川こそが法師温泉の母胎なのだということを銘記しなければならない。温泉はこの川の中から湧き出ているのであり、浴場は太古の昔の河床の上に建っているのである。「川の音が気になって眠れなかった」などと言うことは笑止千万である。身も心も傷ついた者にとっては、やさしい母の声にも似た、自然の「子守歌」に聞こえるはずである。
 法師温泉のたたずまいと、「泉質」を磨き上げようとしてなされるありとあらゆる工夫は、それ自体として一つの「文化」を形成している。それは現代の機械文明、消費文化、情報化社会などといった営みとは無縁のように思われる。大自然との対峙を通して培われた「畏れ」によって生み出された創造であり、いたるところに「自然との一体化」「虚飾の排除」といった姿勢がつらぬかれている。とはいえ、単なる「自然への回帰」を志向するのではなく、むしろ逆に、自然の立場から必要最小限の現代文明を取り入れようとする事実が<国宝級>なのである。浴場の壁に取り付けられた「時計」がそのことを象徴的に裏づけている。入湯している者にとって時計は不可欠のものであることを、法師温泉は知っているのである。(1988.8.15)

「急性心筋梗塞」病状記・4・《元気の種》

 昨日は、夕食時「吐き気」におそわれ、卵焼き2片のみで終了となった。ともかくも食後の服薬をして血圧等を測る。最高は153、最低は100、脈拍76、体温35.2度ということで、寝る前の降圧剤を飲んで17時に横になる。目が覚めたのは21時30分、その時の血圧等はは最高123、最低83、脈拍68まで下がっていた。さらにウトウトし、今日の未明3時30分に目が覚めた。血圧等は最高113、最低80、脈拍77。
再び横になり6時に起床、血圧等は最高125、最低92、脈拍82であった。
 まさに「水銀の上下で測る余命かな」といった心境だが、私のやるべきことはただ一つ、食欲を回復し(体重を元に戻し)、筋肉量を増やすことである。そのためには「運動量」を増やさなければならない。幸いなことに「脊柱管狭窄症」の症状(間欠跛行)は軽減している。以前は100歩しか持続歩行できなかったが、最近は600歩~1000歩程度まで、休まずに歩ける。そこで、涼しい時間を見計らって「散歩」を心がけることにした。 今日の朝は近くのコンビニまで(往復600歩)行き、サンドイッチ、ゼリー飲料、経口補水液、ビスケットなどを仕入れてきた。「病気」の反対は「元気」である。元気の種を見つけよう。「自転車ペダル漕ぎ」「シャワー・入浴」も続けることにした。
 ブログの更新も日課になっているが、最近、私の拙いブログに共感を寄せてくださった方がいることを知った。以下はそのコメントである。


《コメント》
初めまして。
貴方様のサイトを拝見し「改訂 自閉症治癒への道」を購入しました。
この本のまったくの正論ぶりに感動しました。
そして今現在の世の中では受け入れられないだろうとも思いました。
しかしながら、ウェルチ法はまったく正しいというか、子供を救うにはこれしかないのです。
これが最も子供に負荷を与えず、正常に戻す唯一の手段です。
プレコップ博士の中間報告とまったく同じことが私の子供にも起こりました。
今、子供は知恵や運動の面ではまだ遅れがあるものの、うつろな目がなくなり、活き活きと生活しています。


私の子供はこども発達支援ホームいわしろに通っています。
ここではウェルチ法を進化させ、呼吸援助抱っことして、密着抱っこしたままで深呼吸ができることが親子間の愛着を生むということを見つけ出しています。
更に療育としてABA的手法で認知の発達を促しています。


園長先生は言います。
三つ子の魂百までという三つ子は数え年だから今で言う2歳のこと。
2歳までに始めればなんとかなるが、年齢を重ねると正常域に戻すのは難しい。
もっと言えば生後6ヶ月までに気づいて抱っこを始めていれば、更に予後はよい。
3歳まで何もせずに見守ってしまうことは死罪に値する。


私の子供が抱っこを始めたのは3歳半からでしたが、後1年早く始めていたらと悔やまれます。(それでもかなり良くなっていますが。)


もちろん、やってみてわかるように抱っこは大変な拒絶に遭います。
失禁・叩き・罵声・抵抗ありとあらゆることをして拒絶してきます。
これはやってはいけないと感じるのは人間として当然の感情です。
いわしろでの周りの親御さんでも警察や市役所・児童相談所に虐待してるのではないかと通報された方もいます。それほど強い拒絶です。
しかし、それを乗り越えて深呼吸できるまで毎日1時間は続けていくと明確に子供に変化が見られます。
私の子供はあまり自閉が強くなかったようで2ヶ月ほどで赤ちゃん返りが始まり、3ヶ月で産まれて初めて「お父さん大好き」と言ってきてくれました。
中には毎日4時間抱っこを続けていた親御さんもいらっしゃいます。その子は今では行動もまったく問題なく他人を思いやることも出来、IQも非常に高く(推定120over)卒園後普通小学校に通っています。
重い子は4年通っても赤ちゃん返りが始まらず、正常域に到達しない子ももちろんいますが、やってダメだったという人はプレコップ博士の中間報告同様誰もいません。


妻は心理士として医大で数年研修を受け、終末期医療から閉鎖病棟、1歳6ヶ月検診まで携わってきた本職の心理士です。妻は心理士として生きてきたため、いわしろに向かう前は懐疑的な見方をしていましたが、実際に子供が劇的に変わる様を見て抱っこという手法を認めざるを得ない状況です。


いわしろの園長先生はクリスチャンですが変わった方なので、電話すると育て方が悪いと1時間は罵倒されます。
それでも子供を救いたいと強く願い自分も変わるという意志を持った方のみ受け入れています。
半年かかる方もいますし、遠方から引っ越してくる方もいます。


いわしろをおすすめするわけではありません。こういった場所もありますとお伝えしたかったのです。
「いわしろ 療育」で検索すると出てくるささたまパパのブログも参考になります。
http://shiga-takaboo-kosodatesien.blog.eonet.jp/skillup/stepup--------------------______________.html
のサイトも参考になります。実際にいわしろに行かれた方です。
よかったらご覧ください。


貴方様のお孫様は貴方様がご指摘の通り自閉ではなく養育環境が原因であると思われます。外野が幾ら言ってもご両親が変わられない限りはそのまま推移するのではないでしょうか。(もちろん他の好因子によって能力が高まることは考えられますが)


 私の考えに「共感・同意」してくれる方がいたとは、奇跡的であった。大きな元気をいただいて「もう少しがんばってみよう」と思う。(このブログを更新できなくなった時はいよいよ『その時』が来たのである)
(2018.8.10)