梨野礫・著作集

古稀を過ぎた老人が、これまでに綴った拙い文章の数々です。お読み捨てください。

「言語発達の臨床第1集」(田口恒夫編・言語臨床研究会著・光生館・昭和49年)通読・10

【要約】
C’2 (隔離飼育のサルに見られる行動にも似た)好奇心や探索行動の乏しさを示す、うづくまり・ゴロゴロ・ウロウロ症状。
63. 眠るわけでもないのにゴロゴロと床に寝そべっていた。
64. ゴロゴロしている。何をするでもなくキョロキョロしている。
65. 部屋の棚、ベッドの下にもぐりこむ。
66. 落ち着きがない。
67. 部屋の中をウロウロ歩きまわる。
68. 時々、部屋の中をウロウロする。落ち着きがなくなる。
69. 部屋のすみにいく。
70. じっとしていられない。
71. 別にこれといった遊びをするのではなく、チョロチョロ動き回る。
72. 自分でものを回したり、回っているものを見たりするのが好き。
73. 目つきがキョロキョロする。


【感想】
 以上の行動は、他人とのやりとり(コミュニケーション)が「断絶」したときに、典型的に(誰にでも)見られる症状であり、めずらしいことではない。人間に限らず、「隔離飼育」されているサルや、動物園のトラ、ライオン、クマが檻の中で、「あっちへ行ったり、こっちへ来たり」ウロウロ動きまわる行動は、どこでも目にすることができる。また、「うつ病」「ノイローゼ」等、精神疾患の患者、いわゆる「閉じこもり」の青年などにも見られる。こうした行動(症状)が、「好奇心」や「探索行動」の乏しさを示しているとすれば、その要因は「安心感」の欠如、その「安心感」の基盤となる母子の「信頼・愛着・依存」関係が成立していないか、きわめて「不十分」な状態にあるか、であろう考えられる。私事だが、今40歳台になった、私の娘が3歳の頃、上記のような症状を顕著に示した。それは、下町のアパートから山の手の団地に転居してまもなくのことであった。それまで、近所の同輩たちとの「路地遊び」にあけくれていたが、転居によりその「環境」から「隔離」された。母親も新しい人間関係に「すぐにはなじめず」、しばらくは「孤立状態」が続いたとき、娘の表情は乏しくなり、部屋の隅で寝そべったり、ゴロゴロ・ウロウロし始めた。同時に「喘息症状」も現れた。まもなく、幼稚園(3年保育)に入園、ゴロゴロ・ウロウロ行動、無表情は「消失」したが、「喘息症状」は思春期まで続いた。そんなわけで、C'2の各項目は、子ども自身の側ではなく、ほとんど「環境要因」に因るものであろう、と私は確信している。


【要約】
D’愛着関係がよく育っている時に、それが脅かされるおそれのあるような場面で、通常乳児が示すような行動が欠けている症状。


74. 知らない人に抱いて連れていかれても平気。よく迷子になり保護された。
75. 人ごみにでた時、親の手をしっかりとにぎることがない。
76. 迷子になって、母親がみつけて出会った時でも平気な顔をしている。喜ばない。
77. 母親が離れていっても平気で、見向きもしないし、あとを追うこともない。


【感想】
 以上の項目は、母子の「愛着関係」がよく育って「いない」場合に、現れる症状だが、ここでも再び、それらの症状について「母親がどのように感じているか」が重要なポイントになる、と私は思う。母親が「さびしい」「悲しい」「物足りない」と感じ、「何とかしなければ・・・」と思うかどうか。母親なら、そんなことは「当然至極」「言わずもがな」と断定できるかどうか。これらの症状の「裏返し」として、わが子が「知らない人に抱いて連れて行かれても」平気、人ごみにでた時「子どもの手をしっかりにぎる」のではなく「手首をつかんで拘束する」、迷子になって、出会った時でも、母親は怒るばかりで「喜ばない」、「母親が離れていっても平気で、見向きもしないし、あとを追うこともない」わが子を、母親は「独立心の強い(母親に依存しない)」たくましい子だと思って誇りに思っている、というようなことはないか。事実、「スポック博士の育児書」」(アメリカの小児科医ベンジャミン・スポックが、1946年に刊行した育児書である。42か国語に翻訳され世界中で5000万冊販売され、1946年以降では聖書の次に売れたとも言われる・ウィキペディア百科事典から抜粋引用)には、「抱きぐせ・添い寝は自立を妨げる」旨の記述があり、(日本の)多くの母親がその育児法に従った歴史がある。また、池田小児童殺傷事件を引き起こした犯人の母親について、父親は以下のように語っている。〈①〈あれの母親が妊娠したのに気付いたとき暗い顔で言うのよ。「子供できたんだけどどないする?」って。ワシはもちろん、「よっしゃ、よおでかした、生むで。女でも男でもどっちでもかまわん。子供は一人より兄弟いたほうがよろしで」と妻をほめてやった。しかしあいつはよ、信じられんこと言いよった。「あかんわ、これ、おろしたいねん私。あかんねん絶対」かたくなやったであいつは。〉②〈ともかくあれ(妻)は頑固者でな、最初の時の子もそうだがおっぱいをやるのをいやがったのじゃ。妻がまったく母乳をやらないのを見て、どうか初乳だけはやってくれ、それをしないと赤んぼが健康に育たない。初乳は縁起物だと思えやと、おばあちゃんたちがあんまりひつこく説得するので泣く泣く一度だけ皆の前で乳首を赤んぼの顔におしつけとった。それっきり家に戻ったらやらなくなったで〉③〈まあ、悪口になるのは心もとないが、あいつは家事全般できん女やった。洗いものぐらいたまにするが、炊事も片づけも苦手な女じゃったよ〉(『殺ったのはおまえだ』(「皆殺しを謀った男の父が語る『わが闘争』ー大阪「池田小」児童殺傷事件・今枝弘一・「新潮45」2001年12月号より抜粋引用)。それゆえ、私は《母親なら、そんなことは「当然至極」「言わずもがな」》と、母親の「母性」を信じることは「楽観的すぎる」と思うのだが・・・。(2014.4.30)

「言語発達の臨床第1集」(田口恒夫編・言語臨床研究会著・光生館・昭和49年)通読・9

【要約】
C’1. 母親との間に、信頼・愛着・依存関係が成立・充実してくれば、当然みられるはずの行動に欠けていることを示すもの。
30. 哺乳びんが倒れないように枕で支えて飲ませた。おとなしく飲んでいた。
31. あやされても喜ばない。
32. あやしても知らん顔をしているように見えた。
33. がらがらをふるとそっちの方は見るが、持っている人の顔は見ない。
34. 人には関心がないかのようであった。
35. 母親の乳房を見ても喜ばない。
36. 体にさわられることを嫌う。
37. 抱きぐせはつかなかった。
38. 添い寝の習慣はつかなかった。
39. ぐずって母に甘えることがない。
40. 指しゃぶりをしなかった。
41. 指しゃぶりがひんぱんにならなかった。
42. 指しゃぶりは乳児期以降にやりだした。今も続いている。
43. 母親もよその人もとくに区別しなかった。
44. 人見知りをしなかった。
45. 誰がきてもにこにこする。
46. よその人のでもつかまって、親から離れていってしまう。
47. 母親の気をひくようなことをしない。
48. 母親がいなくても泣かない。さがさない。
49. 呼んでもふりむかない。
50. 名前を呼んでもふりむかない。
51. 注意を傾けてひとの言うことを聞くという様子が見られない。
52. 耳が聞こえていないのではないか。(難聴の疑い)
53. 他人にやることを見習う意志がないように見える。
54. いくつかの言えていたことばを言わなくなった。
55. 1歳前後にしゃべっていたことばを、その後にすべて言わなくなった。
56. 頭や髪にさわられることをきらう。
57. 洗髪、散髪することが困難。
58. むてっぽうでみさかいがない。
59. 目を離すとすぐにとんでいってしまう。
60. 手を離せばひとりでどこにでも行ってしまう。
61. いくら教えても言うことを聞かずシツケができない。
62. 何回しかっても、禁止しても、困ったクセが止まらない。


【感想】
 以上の項目は、「母親との間に、信頼・愛着・依存関係が成立・充実」してこなかったことを示す行動(症状)であるが、まず、そのことについて、母親自身が「どのように感じているか。どう思っているか」を明らかにすることが大切である、と私は思う。誰もが「おかしい」「へんだ」と感じるに違いないが、では、「どうしてそうなったか」「そうなる原因は何か」という点になると、母親の反応は一致しない。おそらく「おかしい、耳が聞こえないのではないか」というように、その原因を子どもの側に求めるか、反対に「おかしい、私の側(育て方)がどこか間違っているのではないか」と自分を責めるようになるか、という2つのグループに大別されるのではないか。現代の専門家は十人中九人までが、その原因を子どもの側に求めているので、母親もまたその大半が前者のグループに属するだろう。その結果、「私の側(育て方)が間違っているのではないか」と自分を責める「弊害」(二次障害)は減ったかもしれない。しかし、そのことで、「子どもと母親との間に、信頼・愛着・依存関係が成立・充実」してくるだろうか。また、「ぐずって母に甘えることがない」「母親がいなくても泣かない、さがさない」「名前を呼んでもふり向かない」というわが子の行動(症状)を見て、母親は「おかしい」「へんだ」と感じるだけでなく、「さびしい」「物足りない」「甘えてほしい」「さがしてほしい」などと感じるかもしれない。あるいは《感じない》かもしれない。感じても、その気持ちを子どもに《伝えられない》かもしれない。さらには、「可愛くない」と思うかもしれない。他の子どもと比べて「恥ずかしい」と思うかもしれない。極端な場合には「生まなければよかった」と思うかもしれない。そうした母親の様々な感情が、子どもに多大な影響を及ぼしていることは明らかである。大切なことは、そうした子どもの行動(症状)の原因を、「子どもの側にある」と決めつけて、母親の「不安」を取り除こうとすることではなく、「信頼関係・愛着関係・依存関係が成立・充実」してこなかった「経緯」を、母子の「相互反応」の実態を通して、具体的に明らかにすることではないだろうか。「お子さんがそのような行動(症状)を示すのは、あなたの育て方が悪いからではありません。お子さんには生まれつきの先天的な異常があるのです。しかし、その原因はまだ《推測》の段階であり、明白に究明されてはいません」と言われただけで、母親の「心配」「不安」が取り除けるとは思えない。また、母子の「信頼・愛着・依存」は、あくまで「相互の関係」であり、子どもが母親を「信頼・愛着・依存」するように、母親もまた子どもを「信頼・愛着・依存」することによって成立・充実するのである。C'1の各項目は、母親が子どもを「信頼・愛着・依存」してこなかった結果かもしれないではないか。その原因を「子どもの側」に求めるのなら、同等に「母親の側」にも求めることが専門家の「客観的」な姿勢ではないだろうか。(2014.4.29)

「言語発達の臨床第1集」(田口恒夫編・言語臨床研究会著・光生館・昭和49年)通読・8

【要約】
B’.本来反射的・生得的だった活動が、おとなとの相互反応を通して強化され、活発化し、分化してきて、しだいにおとなを動かす力を帯びてくるべきところ、それがはっきりとみられなかったことに関係があるのではと思われる症状。
14. 人の目をまっすぐに見ることがほとんどない。
15. 視線が合わない。
16. あやされても笑わなかった。
17. あやしたとき高笑いをしなかった。
18. 抱く人が母親からほかの人に変わっても泣くということがない。
19. おとなしくひとりで遊んでいておもちゃのいらない子どもであった。
20. 表情が固い。
21. 喜怒哀楽の表情が乏しい。
22. 表情の変化が乏しい。いつも無表情。
23. いつもわけもなくニコニコしていた。
24. 痛いとき、ちょっと驚いたような様子をするだけで泣かない。
25. ゴツンと頭をぶっても痛がらない。
26. 痛いはずのときでもあまり痛そうな顔をしない。
27. ころんでも泣かない。涙も出さない。
28. ころんでも、けがをしても痛がらず、がまん強い。
29. パンツがぬれても気にせず教えない。


【感想】
  以上の項目は、「本来反射的・生得的だった活動が、おとなとの相互反応によって強化され」なかったために、起こる症状だと思われる。その場合、子どもの「本来反射的・生得的だった活動」が乏しければ、大人(親)からの反応も乏しくなるだろう。また、大人(親)の都合で、子どもの「本来反射的・生得的だった活動」を見落としたり、無視したりすれば、同じような結果になるだろう。いずれにせよ、大切なことは「おとなの反応」であり、それが不十分であれば「強化」されることはない。大人(親)が子どもの顔を見なければ(子どもと視線を合わせなければ)、子どもが「人の目をまっすぐに見ることはほとんどない」という症状になるだろう。大人(親)が(笑いながら)あやさなければ、子どもが「あやされても笑わない」のは当然である。子どもの「表情が固い」とき、では「親の表情」はどのようなものであろうか。また、「喜怒哀楽の表情が乏しい」とき、親はどのような表情をしているのだろうか。“正常発達像”を示すBの項目は、すでにみたように、主として「怒」の表情で「泣き叫び」、それが大人(親)を「動かす」(放っておけないという気持ちにさせる)までに「強化」されることを示している。ここに示されたB’の項目は、いわばその「裏返し」であり、とりわけ「不快感」を泣いて訴えることが不十分であることを示している。「痛がらない」という様子を見て、「痛覚が鈍いのではないか」「我慢強い」と思う向きもあるようだが、はたしてそうか。自分の「不快感」を訴えても、それに「反応」してくれる相手(親)がいなければ、子どもは「泣くこと」、「喜怒哀楽の表情表現」を止めてしまうだろう。泣いても、怒っても「反応」が返ってこない、そのような積み重ねの中で、B’のような症状が現れてくるのではないか、と私は「強く推測」する。(2014.4.22)