梨野礫・著作集

古稀を過ぎた老人が、これまでに綴った拙い文章の数々です。お読み捨てください。

「自閉症 治癒への道」解読・《26》第10章 事例(5)【六人の自己流治療例】(5)ジョージ

◎要約
【六人の自己流治療例】
《ジョージ》(1979年に両親から提供された情報)
・両親は教員、ジョージは第四子。
・ジョージの出産は正常、「何も別に変わったことはなかった」。
・「たいへん楽な子だった」「父親にはほとんど気にとまることがなかった」
・ほぼ2歳の頃、「ややひきこもりがち」「他人との接触を避ける傾向がある」ことに初めて気づいた。(親が抱こうとすると押しのけたり親の顔を叩いたりする。夜ベッドに連れて行くと素早く毛布の中にもぐりこむ。朝ベッドの中にいたがる。母親が抱こうとすると顔をそむける。いつでも始めは飲んだり食べたりすることをいやがる。誰かが話しかけたり、彼のことを話したりすると、すぐに滑り降りて床に寝そべったり、テーブルの下にもぐりこんだりする。膝の上に抱いておこうとするともがいたり、わめいたり、蹴ったりした)
・母親は、ふたりだけになって一つの部屋に入り、自分のからだに子どもをしっかり押さえつけ、語りかけたりせず、ただいつまでもゆすってやるのが最善の方法だと気がついた。そうすると子どもはだんだん諦めて、もがかなくなり、なでられることも受け入れるし、食べたり飲んだりすることも自分からするようになった。母親に体を拭いてもらったり、洗ってもらったり、着物をきせてもらうこともできるようになった。
・ジョージは、昔も今もさまざまな常同行動をもっている。(イヤの時首を振る、爪噛み、何本かの指をしゃぶる、ベッドにいる時誰かが近づくと首を前後に激しくゆする)
・ことばの発達は「やや遅れ気味」であったが、特に問題はなかった。ただし、混乱状態になると、声が小さくなり発音も不明瞭になってくる。
・衣服の着脱が自分でできるようになったのは7歳、靴のひもが自分で結べるようになったのは10歳。(無気力が目立った)
・親類や友人が「甘やかしすぎ、もっと厳しくやらねば」と言い始めたが、時々、たいへん優れた技術的能力を発揮して驚かせることもあった。(訪問した家で見てきた鳩時計と同じものを、段ボールと針金で組み立ててしまった)
・3歳過ぎの頃、眼科医の治療を受け、治療はうまくいったが、いっそうひきこもるようになってしまった。
・母親がついていて一緒にさせるようにしないと、自分からは何もしようとしなかった。
・部屋の隅のテーブルの下で「ラジオをいじって」過ごした。
・4歳になった時、幼稚園に入った。朝から、登園を激しく拒否した。母親は、我慢と忍耐の連続によって、何とか毎日遅刻せずに幼稚園に連れて行った。
・幼稚園で、ジョージは完全に孤立していた。友だちからは「奇妙」に思われ、いじめられたが「仕返し」はしなかった。
・ジョージは再び「全体的逆もどり」を示したので、手に負えなくなったので、両親はその幼稚園をやめさせ、小学校に入るまで「家で教えよう」と決心した。その結果、就学前には十分に回復して、普通小学校に入学できた。(自閉的な行動の多くは続いていた)
・しかし入学後、ジョージは先生との接触を全くもたなかったし、友だちの誰ともつきあわなかった。登校を拒み、ひきこもって長い間、床に寝そべって「ラジオをいじっていた」。
・家族は、地域の人々から「子どもを育てる能力のない変わった人たちだ」と見られ、誕生日に招待しても誰も来なかった。
・ジョージは再び「逆もどり」し始め、おねしょ、起床拒否、拒食をするようになった。テーブルの下に隠れるようにもなった。
・両親は(ふたりとも教員免許状をもっていたので)、合法的に学校をやめさせ、自宅で教えることに決めた。すると、すぐに進歩し始め、生活や周りの世界に興味を示し、学習も進んだ。父親は、学習障害児を対象にした「音楽療法士」だったので、(自閉的な傾向のある教え子(女児)と一歳年下の男児を一緒に教え、女児に男児の面倒をみるように仕向けたところ、女児は孤立の殻から抜け出し、男児との関係をつくることができた)という経験から、ジョージにも同じ方法でやってみることに決めた。これがうまくいった。他の家族の手伝い、看病などを通して、学校へ行く準備ができたと思わせるほどにもなったが、「進歩」と「逆もどり」の揺れ動きは9歳頃まで続いた。
・8歳の時には、「まだ九九が覚えられないが、むずかしい専門的なエレクトロニクスの述語などを知っていた」。学校で発表する時「あまり難しい話をしないでね、みんながわからなくなってしまうから」と先生に注意されるほどであったが、保護者参観日などでは、「おびえた小鳥のようにうずくまり、すっかり自信を失ってしまった」。
・10歳の時、大きな庭付きの家に引っ越した。その新しい環境がジョージに急成長をもたらした。①繊細でおとなしい男児と友だちになった。②数羽のあひると羊を飼い、それが最良の友だちになった。③新しい学校、新しい先生のもとで、水泳ができるようになった。ジョージは友だちに対して「やさしく注意深く、決して傷つけたりしないようになってきた」。動物に対しても、なでたり話しかけたり、抱いたりして、おびえている時には、なだめてやることもできるようになった。動物たちはジョージに一番なついていた。
・12歳になった時、エリザベス・ティンバーゲンが、家族を訪問した。ジョージは最初から屈託なく親しげにふるまい、笑みを浮かべて握手をした。正常に視線を合わせ、目を輝かせて生き生きと話をした。「普通中学校で頑張っていたが、まだ時々手助けが必要であった」そうである。動物には依然として興味をもち、昆虫にも関心を広げた。自分の動物が主役の物語も書いた。電気関係に対する興味も続いていた。周りの世界を信頼しすぎて傷つくことも多かったが、温かい調和のとれた家庭の雰囲気の中で、正常に回復していた。


【著者注記】
・ジョージは正式に自閉症と診断されたことはなかったが、両親の話から典型的な自閉症の症状を示していたことがわかる。①乳児期「おとなしすぎる」、②2歳時の対人的ひきこもり、③同一性の固執(いつもどおりでないことへの怖れ)、④ベッドの中にいたがる傾向、⑤数種の常同行動、⑥話しことばは発達していたが、対人的なストレス、なじみのない環境、体調不良等によりたちまち崩れる(コミュニケーションには役立たない)などである。
・乳児期の引っ越しや、たびたびの転校、教師が変わるなどの環境変化のため、一時的退行を示したのは、初めは軽度だった状態が悪化したということかもしれない。
・両親の扱い方では、二つの側面を強調したい。①ジョージが2歳頃、母親がウェルチ流の「強制抱きしめ」に匹敵することを、本能的に、非常にうまくやっていた。②父親が(職場の)学校でやり始めた方法を、そのままジョージに利用することを、思いついた。(病人やおとなしい男児、動物など他者の世話をするようにさせた。父親は以下のような一般的コメントをしている。⑴仲間の教師の中には、生徒の早期の自閉的傾向に気づく人はほとんどいないし、普通以上の配慮を与える必要性を認めていない。⑵自身も生来内気で傷つきやすい大人のほうが、この種の子どもについてはよい成績を収める。⑶自閉症の子どもには何にもまして愛情が必要である。愛情あるやり方を強く拒んでいる時ほど、それだけ愛情を必要としている。⑷この子どもたちは順調に伸びた場合でも、依然として敏感で傷つきやすい人間である。(しかし、心を決めて自分の恐れを克服する時にはしばしばたいへんな勇気を示す)。


《感想》
 この事例は、乳児期おとなしく「たいへん楽な子」であり、また第4子ということもあって、2歳頃まで「放っておかれ」状態が続いた。(母子や兄弟とのやりとりが乏しかった)そのために、2歳以後、さまざまな「自閉的状態」が現れたという典型的なケースではないか、と私は思った。子ども本人には何の異常もないのに(傷つきやすいという素質はあったかもしれないが)、「育てられ方」次第では、いつでも「自閉症になり得る」ということが示されている。「おかしい」と気づいたとき、母親は本能的に「抱きしめ療法」を取り入れた。その結果、回復の兆しをみせたが、成長するにつれて(年齢並みの)「集団への参加」を強いられる。そのたびに退行を示し、登園・登校拒否をくり返したため、両親はやむなく「自分たち」(自宅)で教育を行う決心をすることになったが、ジョージにとっては、むしろそのことが幸いして、順調な回復を可能にした。父親が、いみじくもコメントしている通り、現在の学校の中で「生来内気で傷つきやすい大人(教員)」を見つけ出すことは至難のことではないだろうか。また、「(自閉症の子どもは)愛情あるやり方を強く拒んでいる時ほど、それだけ愛情を必要としている」「この子どもたちは順調に伸びた場合でも、依然として敏感で傷つきやすい人間である」といった指摘は、わが子を回復させた親なればこその「至言」として肝銘しなければならない、と私は思った。(2013.12.15)

「自閉症 治癒への道」解読・《25》第10章 事例(4)【六人の自己流治療例】(4)フェイ 

◎要約
【六人の自己流治療例】
《フェイ》(両親から提供された情報)
・フェイは1975年11月11日に生まれた。(両親はその1年前、4歳の男児・アドリアンを養子にもらっていた)
・出生時体重3000グラム、陣痛促進、鉗子分娩。
・母乳をスムーズに飲めず、1日目は何も飲んでいなかった。(誰も気づかなかった)
・4日後、たえまなく泣き叫び、特別看護室へ。鎮静剤が与えられ、鼻腔栄養になった。
・4時間毎に母親がそばに来た。次の4日間、母乳を哺乳びんで与えた。
・10日後、退院、自宅に戻った。
・2日後、母親が重い胃腸炎にかかり母乳が出なくなったので、以後4週間ミルク(混合栄養)を与えた。
・1976年1月4日(フェイ生後1か月)、父親は遠隔地に単身赴任した。(その直前、暴風のため4日間停電)
・1976年7月22日(フェイ生後8か月)、仮宿舎で父親と一緒に暮らすようになる。(両親は家の売却、引っ越し、新居探しのため不安が高まり、子どもへの注意が十分に向けられなかった)
・仮宿舎で1週間過ごした後、母親の所用(馬の輸送)のため、子どもたちは母親の両親に預けられた。
・その2週間後、アドリアンは友だちがいないため不機嫌になりはじめたが、1週間、以前住んでいたところの友だち一家で過ごしたところ元気を取り戻した。
・1976年10月1日(フェイ生後11か月)、家族は新居に引っ越した。
・1976年12月20日(フェイ1歳1か月)、次男のジョンが生まれた。
・両親には経済的不安があり、暖房も十分ではなかった。
・1977年8月(フェイ1歳8か月)、ティンバーゲン夫妻が初対面。その時、フェイは「われわれの方を見ようともせず、誘いかける様子でもなく、さりとて泣きもしなかった。われわれの存在を素通りしてその先を凝視しており、常同的なやり方でくり返し首を振っていた」。母親の話では、見知らぬ人に出会った時、他の人がこの子を非難した時、頻繁に首を振る、「とてもおりこうな赤ちゃん」であり、ひとりで好きなようにさせておいた、ということであった。ひとり立ちや歩行ができなかった。言えることばは「ビン」と「アドリアン」の二つだけだった。
・訪問数日後、フェイをひとりにしておかないで、家族の中へひき入れ、親や兄弟や動物や、友だちとのやりとりを増やすよう助言(手紙)した。
・フェイとジョンは、母親の姉のところへ1週間遊びに行った。(姉は、知恵遅れの幼児指導の専門家で、自身にも生後6週間の赤ちゃん、フェイよりも3か月年上の子どもがいた)両親はアドリアンを連れてフランスにいる母の弟を訪ねた。(父親がフェイばかりをかわいがり、アドリアンがやきもちをやいている様子があったため)
・それから7週間後、「フェイはずいぶん違った子どもになってきた」。①フランスから帰ると、歩いていた。②よくしゃべるようになっていた。(二、三語つなげて言う)③人づきあいもよくなり、積極的になった。(お手伝い、片づけ、頼まれた物を持ってくる)④ジョンとふざけるようにもなった。
・1977年12月(フェイ2歳1か月)、母親は「母子グループ」に、週2回(1回2時間)に通い始めた。(おもちゃ、絵の具、ジグソーパズルなどで自由・並行遊び)
・アドリアンとはますます仲良くなり、日曜学校に同行したり、ごっこ遊びができるようになった。
・この頃、ティンバーゲン夫妻と再会。①上手に歩いていた。②はじめちょっとはにかんでいたが、まもなくやりとりをはじめ、視線も普通に合い、上手に話していた。③首振りもかげをひそめていた。
・1978年8月(フェイ2歳9か月)、ティンバーゲン夫妻と再々回。15分もしないうちにエリザベス・ティンバーゲンの膝にのぼって、飾り箱や粘土を見せてくれた。箱の絵を示しながら「これは何」と尋ね、エリザベスの答えをオウム返しして「これはお人形さんの頭」「これは手」などと言った。しばらくして、ニコ・ティンバーゲン博士にも近づき、手遊びに興じた。昼食の時も、誰とでも機敏にやりとりをしていた。今や、フェイのことばは「年齢並み」以上であった。
・1981年5月(フェイ5歳6か月)、母親からの手紙には「フェイは物静かで、勉強のほうの進み方もゆっくりですが、あらゆる面で全体的に進歩しています。たいへんに女性的・母性的で赤ちゃんが大好きですし、私たちみんなにお母さんぶったりしています。学校でも先頭に立って遊ぼうとする様子も出てきているそうです」と書かれてあった。


【著者注記】
・このケースは、「早期発見」「濃厚愛護」「よい家庭生活」によって、脱線が急速に修正され、医師の目にふれるに至らなかった(数多くの)子どもの典型である。
・鉗子分娩、出産直後から最初の数日間、母子の相互作用が著しく阻害されたこと、授乳が安定しなかったこと、引っ越しなどにより両親のストレスが高まったこと、生後13か月に次子が誕生したこと、フェイへのかかわりが乏しかったこと、などが自閉症の誘因となったと思われる。
・両親は、この種の子どもについては経験がなく、忠告・助言に対して「全面的に応じ」、最善を尽くしたが、経験豊かな指導員の叔母の家族のところで1週間過ごしたことは、決定的な効果をもたらしたと思われる。また、母子グループへの参加も、正常への復帰を促進した。


《感想》
 このケースは、1歳8か月の時、両親の心配が生じたが、著者の面接・助言(手紙)により、「フェイをひとりにしておかないで、家族の中へひき入れ、親や兄弟や動物や、友だちとのやりとりを増やす」ことに最善を尽くした結果、2歳1か月頃には「回復の兆し」が見え、1年後の2歳9か月には「完全に回復」することができた、という成功例である。①両親が「全面的に」ティンバーゲン夫妻の忠告・助言に従ったこと(父親は義兄がやきもちをやくほどにフェイをかわいがったこと)、②弟が誕生し、兄弟関係が広がったこと、③経験豊かな叔母にもサポートされたこと、④「母子グループ」に参加したことにより、母親の気持ちが安定し、またフェイの友だち関係も広がったこと、等が「相乗効果」をもたらして、母子を「上向きのらせん」状態に導いたのだろう。ウェルチ療法の「抱きしめ」も、その過程の中で自然に(無意識的に)取り入れられていたことも間違いない、と私は思った。(2013.12.14)

「自閉症 治癒への道」解読・《24》第10章 事例(3)【六人の自己流治療例】(3)スーザン

◎要約
【六人の自己流治療例】
《スーザン》(19歳の時に母親から提供された情報)
・第二子で、ごく早期からはっきりした自閉的傾向を現していた。(人に反応しない、世話をいやがる、泣いてばかり、眠らない、触られること・抱きしめることをきらう、母乳を受けつけない)
・出産直後から発育がよくなかった。脱水状態を起こしたりした。小児科医のすすめで新鮮牛乳の全乳をあたえたところ、身体的状況は改善された。
・周囲に頼みになる医者がいなくなったので(小児科医は物故)、母親は「自分の考えで育てる決心をした」。
・生後1年間、スーザンは、いかなる種類の対人接触をも拒み続けていたが、4歳年上の姉との間には、ある種のつながりができていた。(一緒に風呂に入る、一緒に食べる)
・典型的な自閉傾向「同一性へのこだわり」もさまざまな形で現れた。(自分の寝室から出ない、ベッドの上で体を前後にゆする、頭を打ちつける)
・終始ひどく「食べ物にうるさい」子だった。ミルクから固形物への切りかえが遅れた。
数年間はチョコレートプディング、つぶしたバナナ、炒り卵}以外の固形物はまったく食べようとしなかった。4歳の時、少し魚を食べ始め、5歳すぎになって時々鶏肉を食べるようになった。チョコレートは大量に食べていた。
・毛のふさふさした動物の人形に愛着を示し、鼻をすり寄せて抱いていた。           
・新しい衣服をいやがった。
・決まった日課に従うことを好んだ。
・いつも極度に感受性の強い子であった。とても敏感で、嗅覚・触覚・聴覚のすべてが敏感すぎるという感じだった。人から見つめられることに耐えられず、人を直接見たりしなかったが、伏し目がちの瞼の下から、あらゆることを観察していた。
・いろいろな固い物(ベッド、タンス、椅子など)に自分の頭を打ちつける、体をゆするなどの「常同行動」があった。
*同一性への執着がくずれた場面*
・家族と水辺で休日を過ごしている間に、ボートが好きになり「上手に扱える」ようになった。
・水泳も覚えたし、カヌー(一人乗り)もうまく漕いだ。6歳で自転車に乗れた。9歳頃からは、天候を問わず外出するようになり「人里離れた場所」を好んだ。
・スウェーデンへの旅行中、朝食の食堂に入ってきた時、ごちそうの並んだ大きなテーブルに驚き、母がチーズやにしんの酢漬けを取っているのを見ていたが、誰かが「スウェーデンの子どもはみんなヤギのチーズを食べる」という話をして、チーズをさし出すと、スーザンはそれを味わい好きになってしまった。以後10日間、毎食ヤギのチーズ以外、何も食べなかった。その後、(彼女の求めで)2年続けてそのホテルに行ったが、その時もヤギのチーズばかり食べていた。
・スーザンの場合、「ことばは普通どおり発達した」。しかし、否定的、拒否的な言い方や、場面と無関係なことをしゃべったりしていた。最初に旅行した時など、一晩中頭を打ちつけながら、おとぎ話の中にある文句を大声で唱えていた。(「言語的常同行動」)その後、ことばや言語の面に対する特別な興味が生まれ、詩や作文で全国的な賞ももらっている。(自閉的傾向と非自閉的傾向が奇妙に混在していた)
・その他の科目の成績はあまりよくなかった。チームでするゲームにも興味はなかった。
・自然科学の博物学には興味をもっていた。(水生動物の観察を好み、「自由研究」では、ダーウィンやキューリー夫人についてよく調べて書き、“A”をもらった)
・ずっと「睡眠障害」をかかえている。


*スーザンは「生まれた時からヘン」に該当する赤ちゃんであった。「自閉症発生要因のリスト」に当てはまるのは、遷延陣痛と鉗子分娩くらいである。
*スーザンの母親は、必死の努力で子どもを正常状態にひきもどそうとした結果、19歳になった今、彼女は名門の演劇学校の面接試験に合格し、学位を取るための勉強をしている。母親はどのようにして、それを行ったか興味深い。
*母親はウェルチ式の抱きしめは、まったくやっていない。(スーザンが拒否したためだは、スーザン自身が「7歳頃までは“へんな匂いがした”ので他の人のそばへ近づくことができなかった」と言っている)しかし、「できるかぎり一緒に居る」「子どもがストレスの中に置かれていることを直観的に認識し、それを和らげて、子どもが家族の中に入れる方法を見つけ出そうとする」「子どもがどんなことをやっても、子どもを基本的に人間として認める」ことを重ねてきた。スーザンを叩いたことは一度もない。食べたがらないという食事の問題に対しては、食べたがるものだけを与えた。しかし、この子だけのために特別なものをつくろうとしたことはまったくない。いつも家族が食べているものを出し、スーザンが拒否してもすんなりと認めるだけだった。
*スーザンが生まれて、約5年間はどこへも出かけなかったので、よその人からの批判を受けないですんだ。
*スーザンは今、家から離れて楽しく幸せに暮らしている。概してうまくやっており、周りの社会にもよく適応している。男女の友だち関係もよく「恋人」もいた。まだ将来の伴侶はみつからない。今や、相当の「食い道楽」である。また、サラダがきちんと洗ってあるかを確かめる、毎晩大急ぎで入浴するが、「クモがいた場合に備えて」浴室の扉を開けたままにする、などの「儀式的な慣習」は、まだ残っている。


【著者注記】
・スーザンの自閉症発生要因は、陣痛が長びいたこと、鉗子分娩だったこと以外には、見あたらない。
・症状には、話しことばや言語に対する態度に二面性がある、という特徴がある。一方で、話すことに関して拒否的・非伝達的な側面を示しながら、他方では単語や言語に対してたいへん感受性が高く、すぐれた詩や散文を書いている。
・母親が、スーザンが家族からひこもってしまうことを許さず、彼女のために多大の時間と労力を費やし、一貫して彼女を「人間として」受け入れる努力をはらい、「抱きしめ法」の最後の扱い方(いつも一緒にいてやりとりすること)を実践していたことは明らかであり、それが意義あることであったと思う。


《感想》 
スーザンの母親は、一貫して彼女を「人間として」受け入れる努力をはらった、という。この「人間として」という意味はどのようなものであろうか。私の独断・偏見によれば、それは、「自分と同じ立場で」とか「自分と心を通い合わせることが可能な相手として」とか「必ず通い合わせてみせる」とかいう、確固とした信念に裏づけられた「子ども観」だと思う。「自閉症は治らない」「教育不能である」という考えから生まれる結果は、「この子はどうして決まったものしか食べないのだろうか?・・・自閉症だから」「この子はどうして体をゆらし、頭をうちつけてばかりいるのだろうか?・・・自閉症だから」、そして「この子は何を感じているのか、何を考えているのかわからない」というコミュニケーションの「断絶」、絶望感に行き着くのが「関の山」であろう。お互いに断絶したまま、縁を切ることもできずに、無為な生活が続いていく。著者夫妻は30年前、そのような惨状を予測していたが、現状はますますその予測にちかづいているのではないか。
 「人間として」受け入れるということは、「障害児(者)として」見ない、ということにもつながる。現在「広汎性発達障害」「自閉症スペクトラム」「注意欠陥多動性障害」「学習障害」「アスペルガー症候群」などという多種多様な「レッテル」が「専門家たち」によって作り出され、子どもたちは「人間として」受け入れられる前に、そのような「レッテル」に見合った軌道(人生)を歩まされる運命にある。だとすれば、スーザンの母親のように、「医者(専門家)は頼りにならない。これからは私の考えで育てていく」といった決心をもつことが、(これからの両親にとって)何よりも大切ではないだろうか、と私は思った。(2013.12.11)