梨野礫・著作集

古稀を過ぎた老人が、これまでに綴った拙い文章の数々です。お読み捨てください。

「急性心筋梗塞」病状記・3・《体重減》

 「急性心筋梗塞」の手術から1カ月半が過ぎようとしているが、その経過は順調とはいえない。循環器内科の所見(心電図検査、胸部レントゲン検査、血液検査、血圧測定、脈拍数、体温)では「経過はほぼ良好」とのことだったが、今日受けた「心臓リハビリ」での「体成分分析装置装置Inbody S10」の結果は「要注意」ということである。まず、1カ月前(7月11日)と比べて、①体重が3kg減っている(57kg)、②体水分分析では、細胞内水分量、細胞外水分量、体水分量のすべてが標準値を下回っている。③細胞外水分率(ECU/TBW)は、0.389から0.391(むくみの1歩手前)に増えている。部位別水分量も右腕、左腕、体幹、右脚、左脚ともに減少し、細胞外水分率は増加(むくみの1歩手前)している。④筋肉量は42.5kgから39.6kgに減少し標準値を下回った。⑤体脂肪量は15.1kgで前回と変わらず標準値を上回っている。
 要するに、「心臓リハビリ」の目的は、「筋肉量を増やし体脂肪量を減らすこと」だが、結果は「はかばかしくない」ということであろう。
 では、その原因は何か。素人考えでは「運動不足」である。加えて、塩分制限食に不慣れな「食欲不振」もあるだろう。摂取量は、発症・入院前の半分に減っていることはたしかである。看護師は以上の結果をみて、まず体重が3kg減ったことを「問題視」した。なるほど、私は肥満指標に注目してBMIを22.9kgから21.7kgに減らしたが、それは逆に、体脂肪率を25.1%から26.5%(いずれも標準値の上限20%を超えている)に増加させる結果になっているのである。看護師いわく「今は、塩分制限よりも、食べたいものを存分に食べて、食欲を回復してください。これ以上、体重を減らさないように・・・。アルコール、タバコは控えてください。吐き気が治まらないようなら、胃カメラも早めに・・・」。私は入院中に栄養指導の担当者から「退院後は1日6g以下の塩分制限をするように」《指導》され、また心臓リハビリの担当者からは56kgまで体重を落とすように《助言》され、忠実に従ったつもりでも、すべてが裏目に出たということか。それならばそれでよし、今日からは思い切り「食べたいものを食べよう」と思ったが、適当なものが見当たらない。とりあえず、塩鮭に、漬け物、納豆、卵焼き、それとノンアルコール・ビールか・・・。実に侘びしい「病状」ではある。
(2018.8.9)


続・「同じ穴の狢」

 前文で私は〈「 A、T、Y・・・を筆頭に、「われら某国民」はすべてが「同じ穴の狢」ということか。(・・・溜息)〉と綴った。Aとは某国首相、Tとは某大学理事長、Yとは某連盟理事長のことだが、今日の新聞を見ると、Yは「辞任」を表明したとのことである。前日までは「悪いことは何もしていないのになぜ辞める必要があるか」と突っ張っていたのに、「・・・嫁が死ぬまで面倒見るから辞める」などと女々しい言辞を吐くようでは、まさに「男が廃る」迷場面であった。Yを辞任に追い込んだのは、333人と言われる告発人の「勇気」(義)であり、それを後押ししたマスコミ(「第四の権力」)であろう。
 なるほど「世の中は変えることができる」ことを実感できる出来事ではあった。
 だとすれば「同じ穴の狢」であるTやAをも「辞任に追い込む」可能性が見えてきた。Tの場合は、まず某大学関係者が告発人となり、マスコミがTと反社会勢力との関係を暴けばよい。すぐにでも某国民(世論)は告発人を支持するだろう。
 さらに、Aの場合も同様、すでに2017年6月以降「内閣支持率」は40%台に「落ち込み続けている」。すでに首は落ちているのに、なおも首相の座に居られるのは、Aに代わる者がいないからであり、与党はもとより野党の「胡散臭さ」「頼りなさ」に因るところが多い。さしあたり告発人は見当たらないので、マスコミ自身がAの政治姿勢を糾弾しなければならない。はたして某国民(世論)は、その糾弾に共感・支持するだろうか。     
最近(8月・NHK調査)の政党支持率は「自民党」が35.6%、他の政党はすべて1桁台だが、なんと「支持なし」は43.2%もある。マスコミよ!今がチャンスだ。「同じ穴の狢」に「同じ結末」を辿らせることを使命とすべきである。
(2018.8.9)

「64年、許されぬ痛み・長崎被爆者・永野悦子」

午前1時から、「ラジオ深夜便」(NHK)〈インタビュー「64年、許されぬ痛み」長崎被爆者・永野悦子〉を聴いた。永野氏は現在80歳、長崎被爆体験の「語り部」として、その悲惨な実態(この世の生き地獄)を中・高校生、若者たちに語り伝えているとのことであったが、タイトルにある「許されぬ痛み」とは何か。昭和20年8月、永野氏が16歳の時、鹿児島に疎開していた9歳の弟、13歳の妹を、長崎に「連れ戻し」に行った。二人とも長崎には戻りたくない、母親も「本人の希望に任せて」と言っていたのに、自分一人の判断で、強引に「連れ戻して」しまった。その結果、家族全員が被爆、弟は翌日、妹は1か月後に「死んでしまった」のである。もし、自分が連れ戻さなかったら、弟妹は死ななくてすんだのではないか。いや、絶対に死ななかったはずである。自分一人の判断で、弟妹を殺してしまったも同然だ。そう思うと、自分を許すことができない。父親も、二人の後を追うように他界、後には母親と自分だけが残された。母親の落胆、嘆きはいかばかりであろうか。でも母親は私を責めない。そのことが苦しくて家を飛び出したこともあった。母親は狂ったように自分を捜し回った由、やむなく帰宅して二人だけの生活が始まったが・・・。以来、64年、一日として弟妹に「ごめんね」と謝らない日はなかった。その日々こそが「許されぬ痛み」に他ならない。
 長崎被爆体験の語り部・永野悦子氏は、自分自身を「許せない」。でも、私は許せる。何があってもおかしくない戦時下、家族そろって暮らしたいという思いは当然至極、まさか長崎に原子爆弾が落とされるなんて、誰が想定できたであろうか。許せないのは、原子爆弾を投下した者である。それを命令した者である。原子爆弾を製造した者である。いたずらに降伏(敗北宣言)を引き延ばし、「一億玉砕」「一億特攻」などと、できもせぬ「世迷い言」をほざき続けた「職業軍人」である。おのれの考えを「正しい」と信じ込み、「問答無用」で反論(反抗)者を抹殺しようとした「テロリスト」である。
 ところで、彼女の「語り」を聴いた若者たちの反応は如何?64年に亘って、「(自分を)許せぬ痛み」を感じ続けられるなんて、そのような日本人がいることをどう思う?永野氏は強調する。「だから戦争を許してはいけない」。だがしかし、その思い、その願い、その正論を、いともたやす(問答無用で)抹殺しようとする世情、風潮が蔓延しているように、私は思うのだが・・・。(2009.8.9)