梨野礫・著作集

古稀を過ぎた老人が、これまでに綴った拙い文章の数々です。お読み捨てください。

「愛着障害」(岡田尊司・光文社新書・2011年)要約・7

《第2章 愛着障害が生まれる要因と背景》
【増加する愛着障害】
・子どもの数が減り、一人ひとりの子供が、手厚く大切に育てられているはずの現代において、愛着の問題を抱えた子どもだけでなく、大人までも増えているという現実がある。
(虐待、育児放棄、境界性パーソナリティ障害、依存症、過食症、「草食系男子」)
・愛着の問題を抱えている子どもだけでなく、大人までが、この社会にあふれているという事実は、何を意味しているのだろうか。
・愛着障害が生み出される原因について、これまでわかっていることを述べていきたい。
【養育環境の関与が大きい】
・不安定愛着を含む、広義の愛着障害を生み出す要因は何か、これまで行われた双生児研究や養子研究の結果は、愛着障害の要因が、主として養育環境によるものであることを示している。おおむね7~8割が養育などの環境的要因によるとされ、残りの2~3割が遺伝的要因によると考えられている。
【親の不在】
・養育環境の問題にはさまざまなタイプがあるが、もっともはやく知られていたのは親の不在である。
・愛着形成が完了しない時期に母親から離された子どもは、愛着自体が乏しい脱愛着傾向を抱えやすく、母子分離不安の高まった時期に母親を失うと、「見捨てられ不安」や抑うつが強まりやすい。その境目が2,3歳ころだと言えるだろう。
【川端康成の場合】
・「十六歳の日記」には、感情に流されず、事実だけを冷静に見つめるという回避型愛着の特徴が刻印されている。
【K君の場合】
・K君は1歳のとき、母親と生別した。3歳の兄とともに保育園に預けられた。兄は慣れたが、K君は一向になじめなかった。3歳になったとき、5歳の兄とともに母親と再会した。K君は母親の記憶がまったくなかったらしく、なじもうとしなかった。兄が6歳になったとき、母親が家に戻ってきた。兄は大喜びだったが、K君はどんなふうに接してよいか、わからない様子だったという。その後の成長も兄弟で対照的だった。兄は活発、社交的で母親にも遠慮なく甘えることができたが、K君は無気力で友達づきあいも少なく、母親に遠慮して本心から打ち解けることはなかった。
【ルソーの場合】
・ジャンジャック・ルソーは、愛着障害の人にみられる典型的な特徴や症状を示した人である。
・母親はルソーの誕生の直後に亡くなった。ルソーの面倒をみたのは父親と未婚の叔母であった。父親はルソーを溺愛した。
・ルソーは利発だったが、幼いころから問題行動を示すようになっていた。物を盗ったり、嘘をついたり、いたずらもひどかった。(盗み、虚言、度の過ぎたいたずらは愛着障害の子どもにしばしばみられる典型的な問題行動である)
【養育者の交替】
・愛着障害の原因として重要と考えられるのは、養育者の度重なる交替である。
・脱愛着がどんどん進んでいき、誰に対しても信頼や愛情を抱きにくい人間にしてしまう危険がある。
【漱石の場合】
・夏目漱石も、愛着障害を引きずり続けた。彼は生涯愛着障害を抱え、それを克服しようと文学者になった人物だと言える。
・漱石は、生まれて間もなく里子に出された。姉が不憫に思って連れ帰ったが、1歳10か月のころ、
夏目家の書生だった人物の養子になった。書生夫婦は漱石を溺愛したが、二人の愛情には、自然の情愛とは異なる、押しつけがましさと違和感があった。漱石は、親たちの期待に合わせて行動するしかなかったが、その反動は、問題行動となって現れ始めた。強情、わがままがひどくなり、度の過ぎたいたずらをするようになった。また、統制型の愛着パターンを思わせるコントロール戦略を養父母に対してとった。
・漱石が7歳のとき、養父母の夫婦仲が険悪となった。漱石は養母と二人で暮らしたり、養父、養父の愛人とその娘と四人で暮らしたりしていたが、見かねた実家に引き取られた。実家に戻ったとき、漱石は実の両親を祖父母だと思っていた。しかし、半年から1歳半という愛着形成の臨界期を、実家の両親のもとで過ごしたので、生母に対しては、愛着の絆が形成されていたと考えられる。幼い漱石は、長く離れていた我が家に、生理的とも言える安堵を覚えたが、父親の拒絶によって、親を慕う思いは裏切られる。5年後、母が亡くなり、漱石少年はますます強情になり、いたずらやけんかがひどくなって、叱られたり、否定されたりすることが多くなったが、愛着障害の子どもの典型的な経過だと言える。そのころの心境は「坊っちゃん」の中ににじみ出ている。
・後年、養父は二十余年ぶりに漱石の前に姿を現すと、金の無心をするようになる。漱石は、養父との付き合いをむげに断ることもできずにいた。この養父に対する愛着ゆえに、実の父親との絆が育ちにくかった面もあったかもしれない。
・漱石は、どちらの親に対しても、中途半端な絆しか結ぶことができなかった。それが、後々の漱石を脅かし続けることになる実存的な不安の根底にあったに違いないし、皮肉っぽい両価的な態度もそこに由来するのだろう。
・漱石は、幼児期後期には、統制型の愛着パターンをみせたりしているが、その後、養育者が転々と変わるという体験のなかで、回避型の愛着スタイルを強めていったと考えられる。統制型と回避型の両方が入り混じった、特有のパーソナリティを発展させたのである。人に容易に気を許さず、子どもの扱いも極端に苦手で、嫌っていたという面には、人との交わりを気楽に楽しめない回避型の性向のみならず、思い通りにコントロールできない相手に対して、どう接していいかわからないという統制型の不器用さの名残が表れている。
・しかし、愛着障害は、漱石に生きづらさを抱えさせただけではない。明らかに彼の想像力の源は、愛着障害とともに彼が抱えてきた悲しみや憧れ、自己矛盾にあった。不幸な生い立ちによる愛着障害を抱えていなければ、夏目金之助は生まれていても、夏目漱石は存在しなかっただろう。
【太宰治の場合】
・太宰治は、「境界性パーソナリティ障害」ということで、大方の意見の一致をみているが、その根底には「愛着障害」があった、と考えられる。
・太宰治は、生後間もなく、乳母に預けられた。乳母は太宰を「溺愛」し、太宰は乳母を愛慕した。太宰にとっての不幸は、乳母に対して抱いた愛着を、両親に対して抱くことができなかったことである。そして、その乳母と、ある日(5歳ころ)突然別れなければならなくなったという生涯消えぬ傷跡を残したことである。太宰は「見捨てられた」。その後(8~9歳ころ)乳母と再会したが、乳母には男児が生まれており、太宰に対しては「実によそよそしかった」。(「新樹の言葉」)
・太宰は、乳母に対する思慕の情、記憶を一緒に消し去るという「脱愛着」のプロセスを進んだ。太宰が高等学校に入った年の夏休み、乳母が死んだことを知らされたが、別段、泣きもしなかった。だが、愛着対象への思いを切断するという荒療治は、何か大切なものも一緒に切断してしまう副作用を伴う。
・太宰がなぜ実の親に対して、素直な愛情を感じることができなかったのか。親もまた太宰に対して、否定的な反応ばかりを返したのか。太宰が抱えることになる生きることに対する違和感の根っこは、生裂きにされた愛着にあるように思える。
・「新樹の言葉」は、太宰治中期の作品だが、処女作の「思い出」に、乳母は登場しない。この時期、彼はまだ、乳母との別離の傷跡に正面から向き合っていなかったのだろう。


【感想】
・ここでは、「愛着障害が生まれる要因と背景」が、川端康成、K君、ルソー、夏目漱石、太宰治の「事例」を通して述べられている。いずれも「母親の不在」「養育者の交替」によって、「脱愛着」のプロセスを進み、統制型の愛着パターンを身につけ、「不安障害」「境界性パーソナリティ障害」を発症している。
・川端康成、夏目漱石、太宰治といえば、日本文学を代表する人気作家である。それらの作品の源泉には「愛着障害」があったという指摘は、実に興味深かった。また、その「人気」の秘密は、読者の側からも「脱愛着」に共感するニーズがあるからかもしれない。
・「愛着障害」の要因は「病的な養育(環境)」にある。川端、夏目、太宰が生きた時代と現代では、「家族制度」「社会風俗」「生活慣習」などに様々な違いがあると思われるが、今、なぜ「病的な養育」が蔓延することになってしまったのだろうか。K君の事例が、大きな示唆を与えてくれるかもしれない。(2015.9.26)

「愛着障害」(岡田尊司・光文社新書・2011年)要約・6

【良い子だったオバマ】
・オバマ大統領は、「良い子」や「優等生」を演じきった。「従属的コントロール」を駆使した典型である。
・クリントン大統領は、母親に対してはとても従順であったが、それ以外の女性に対しては支配的で、うまく利用したり搾取しようとした。「操作的コントロール」の典型である。【愛着パターンから愛着スタイルへ】
・幼いころの愛着スタイルは、まだ完全に確立したものではなく、相手によって愛着パターンが異なることも多いし、養育者の接し方が変わったりすることでも変化する。
・十代初めのころから、その人固有の愛着パターンが次第に明確になる。そして成人するころまでに、愛着スタイルとして確立されていく。
・大人の愛着スタイルは、大ざっぱに言って、安定型(自律型)、不安型(とらわれ型)、回避型(愛着軽視型)の三つに分けられる。不安型は、子どもの抵抗/両価型に対応するものである。不安型と回避型は、不安定型に属する。
・遺伝的な気質とともに、パーソナリティの土台となる部分を作り、その人の生き方を気づかないところで支配しているのが愛着スタイルである。愛着スタイルは恒常性をもち、特に幼いころに身につけたものは7~8割の人で生涯にわたり持続する。生まれもった遺伝的天性とともに、第二の天性としてその人に刻み込まれるのである。遺伝的天性を変えることはできないとしても、愛着という後天的天性を守ることは可能である。
【愛着障害と不安定型愛着】
・虐待やネグレクト、養育者の頻繁な交替により、特定の人への愛着が損なわれた状態を反応性愛着障害と呼び、不安定型愛着を示す状態の中でも、もっとも重篤なものと考えられる。
・反応性愛着障害は大きく二つに分かれ、誰にも愛着しない警戒心の強いタイプを抑制性愛着障害と呼び、誰に対しても見境なく愛着行動がみられるタイプを脱抑制性愛着障害と呼ぶ。
・抑制性愛着障害は、ごく幼いころに養育放棄や虐待を受けたケースに認められやすい。愛着回避の重度なものでは、自閉症スペクトラムと見分けがつきにくい場合がある。
・脱抑制性愛着障害は、不安定な養育者からの気まぐれな虐待や、養育者の交替により、愛着不安が強まったケースにみられやすい。多動や衝動性が目立ち、注意欠陥/多動性障害(ADHD)と診断されることもしばしばである。
《反応性愛着障害の診断基準(DSM-ⅣーTR)》
A 5歳以前に始まり、(略)対人関係で、以下の⑴または⑵によって示される。
⑴ 対人的相互反応のほとんどで、発達的に適切な形で開始したり反応したりできないことが持続しており、それは過度に抑制された、非常に警戒した、または非常に両価的で矛盾した反応という形で明らかになる。(例:子供は世話人に対して接近、回避、および気楽にされることへの抵抗の混合で反応する。または硬く緊張した警戒を示すかもしれない)
⑵拡散した愛着で、それは適切に選択的な愛着を示す能力の著しい欠如を伴う無分別な社交性という形で明らかになる。(例:あまりよく知られていない人に対しての過度のなれなれしさ、または愛着の対象人物選びにおける選択力の欠如)
B 基準Aの障害は発達の遅れ(精神遅滞のような)のみではうまく説明されず、広汎性発達障害の診断基準も満たさない。
C 以下の少なくとも1つによって示される病的な養育
⑴ 安楽、刺激、および愛着に対する子供の基本的な情緒的欲求の持続的無視
⑵ 子供の基本的な身体的欲求の無視
⑶ 主要な世話人が繰り返し変わることによる、安定した愛着形成の阻害(例;養父母が頻繁に変わること)
D 基準Cにあげた養育が基準Aにあげた行動要因の原因であるとみなされる。(例:基準Aにあげた障害が基準Cにあげた病的な養育に続いて始まった。
【三分の一が不安定愛着を示す】
・(一般の児童のうち)安定型の愛着を示すのは、およそ三分の二で、残りの三分の一もの子どもが不安定型の愛着を示すのである。愛着障害と呼ぶほど重度ではないが、愛着に問題を抱えた子どもがかなりの割合存在することになる。さらに成人でも、三分の一くらいの人が不安定型の愛着スタイルをもち、対人関係において困難を感じやすかったり、不安やうつなどの精神的な問題を抱えやすくなる。
・このような広い意味での「愛着障害」は、「愛着スペクトラム障害」と同義である。
・愛着障害は、現代人が抱えているさまざまな問題に関わっているばかりか、一見問題なく暮らしている人においても、その対人関係や生き方の特性を、もっとも根底の部分で支配しているのである。


【感想】
・以上で、第1章は終わるが、私が最も興味を惹かれたのは「反応性愛着障害の診断基準」(DSM-ⅣーTR)の内容である。中でも、「基準Cにあげた養育が基準Aにあげた行動障害の原因であるとみなされる」と明記されていることであった。筆者は、反応性愛着障害の「抑制性愛着障害」は《自閉症スペクトラムと見分けがつきにくい場合がある》、また、「脱抑制性愛着障害」は、《注意欠陥/多動性障害(ADHD)と診断されることもしばしばである》と述べている。現代の定説では、自閉症スペクトラムや注意欠陥/多動性障害(ADHD)は「発達障害」と一括りにされ、原因はいずれも「脳の機能障害」(親の育て方に因るものではではない)とされているが、この診断基準では(親の)《病的な養育》が行動障害の原因であると《みなしている》。反応性愛着障害は《病的な養育》によって生じる、また「愛着障害」と「発達障害」の《見分けがつきにくい》とすれば、自閉症スペクトラムや注意欠陥/多動性障害の原因が「病的な養育」(親の育て方)に因ると《みなされても》「誤り」ではないのではないか。
 筆者は、本書の帯で「本当の問題は発達よりも愛着にあった」と強調している。今後の論脈が、どのように展開していくのか、ますますの興味をもって次章を読み進めたい。(2017.8.23)

「愛着障害」(岡田尊司・光文社新書・2011年)要約・5

【ストレスと愛着行動の活性化】
・何か特別な事態が生じて、ストレスや不安が高まったときには、「愛着行動」が活発になる。それが健全な状態であり、自分を守るために重要なことである。
・愛着行動には、さまざまなヴァリエーションがある。(幼い子ども→直接行動、フランクル→愛する人を回想する)
・愛着行動は、ストレスや脅威が高まった状況で、愛着システム(愛着を担う脳内の仕組み)が活性化された結果、誘発される。誘発のされ方には、人によって大きな違いがあり、そこに、各人の愛着のスタイルの特性がはっきりと示される。
・安定した愛着においては、ストレスや脅威に対して、愛着システムが適度に活性化され、ほどよく愛着行動が増加することで、ストレスの緩和や安定の維持が図られる。
・人によっては、ストレスや脅威を感じても、愛着行動がほとんどみられないことがある。(愛着を求める行動をとっても、拒絶されたり、何の反応もかえってこないことが繰り返された結果、最初から求めない行動スタイルを身につけたと理解される。)
・また、ストレスや脅威に対して、過剰なまでの愛着行動が引き起こされる人もいる。
(愛着システムが過剰に活性化しており、少しでも愛着対象が離れていきそうな気配を感じただけで、強い不安を覚える。これは、愛着システムが育まれる時期に、過剰活性化戦略が、自分の安全や安心を守るのに有利だった結果、そうした行動スタイルを身につけたと考えられる。養育者の関心が薄く、大げさに騒いだときだけ、かまってもらえたというような状況である。)
・もっと複雑な反応がみられることもある。ストレスや脅威が高まったときに、愛着行動とは一見正反対な行動が引き起こされる場合である。本当はそばにいてほしい人を拒否したり、攻撃したり、無関心を装ったりするというものだ。
(こうした逆説的な反応は、愛着の問題が深刻なケースほど強く、また頻繁にみられる。求めても応えてもらえず、逆に傷つけられることへの不安や怒りが、アンビバレントに同居する結果だと考えられる。)
【子どもの四つの愛着パターン】
・子どもの愛着パターンを調べられるのに、よく用いられるのは、エインスワースが開発した新奇場面法である。(子どもと母親を離し、また再会させるという場面設定をして、そのときの子どもの反応を観察することで、愛着のパターンを分類する)
《安定型》母親から離されると泣いたり不安を示したりするが、その程度は過剰というほどではなく、母親が現れると素直に再会を喜び、母親に抱かれようとする。(6割強)
《回避型》母親から引き離されてもほとんど無反応で、母親と再会しても目を合わせず、自分から抱かれようともしない。安全基地をもたないため、ストレスを感じても、愛着行動をおこさないタイプだということができる。(1割5分~2割)小さいころから児童養護施設などで育った子どもに典型的にみられるが、親の関心や世話が不足して放任になっている場合でもみられる。回避型の子どもは、その後反抗や攻撃性の問題がみられやすい。
《抵抗/両価型》母親から離されると激しく泣いて強い不安を示すのに、母親が再び現れて抱こうとしても拒んだり嫌がったりする。しかし、いったんくっつくと、なかなか離れようとしない。母親の安全基地としての機能が十分でないために、愛着行動が過剰に引き起こされていると考えられる。(1割程度)親がかまってくれるときと無関心なときの差が大きい場合や、神経質で厳しく過干渉な場合が多い。その後、不安障害になるリスクが高く、いじめなどの被害に遭いやすいとされる。
《混乱型》回避型と抵抗型が入り混じった、一貫性のない無秩序な行動パターンを示すのが特徴である。まったく無反応かと思うと、激しく泣いたり怒りを表したりする。また、親からの攻撃を恐れているような反応をみせたり、逆に親を突然叩いたりすることもある。混乱型は、虐待を受けている子や精神状態がひどく不安定な親の子どもにみられやすい。安全基地が逆に危険な場所となることで、混乱を来していると考えられる。その後、境界性パーソナリティ障害になるリスクが高いとされる。
【統制型と三つのコントロール戦略】
・不安定な愛着状態におかれた子どもでは、3,4歳のころから特有の方法によって周囲をコントロールすることで、保護や関心が不足したり不安定だったりする状況を補うようになる。統制型の愛着パターンと呼ばれるもので、攻撃や罰を与えることによって周囲を動かそうとするパターンと、良い子に振る舞ったり、保護者のように親を慰めたり手伝ったりすることで親をコントロールしようとするパターンがある。
・子どもによっては、ほんの4歳ごろから、親の顔色を見て、機嫌をとったり慰めようとしたりという行動を示す。親が良くない行動をとったときや自分の思い通りにならないときに、叩こうとするといった攻撃的手段に訴えることは、3歳ごろから認められる場合もある。
・このコントロール行動は、無秩序な状況に、子どもながらに秩序をもたらそうとするものだと言えるだろう。こうしたコントロール戦略は、年を重ねるごとにさらに分化を遂げて、特有のパターンを作りだしていく。その後の人格形成に大きな影響を及ぼすことになる。
・それらは、大きく三つの戦略に分けて考えることができる。
《支配的コントロール》暴力や心理的優越によって、相手を思い通りに動かそうとするもの。
《従属的コントロール》相手の意に従い恭順することで、相手の愛顧を得ようとする戦略である。相手に合わせ、相手の気に入るように振る舞ったり、相手の支えになったりすることで、相手の気分や愛情を意のままにしようとする点でコントロールといえる。
《操作的コントロール》支配的コントロールと従属的コントロールがより巧妙に組み合わさったもので、相手に強い心理的衝撃を与え、同情や共感や反発を引き起こすことによって、相手を思い通りに動かそうとするものである。
・いずれのコントロール戦略も、不安定な愛着状態による心理的な不充足感を補うために発達したものである。この三つは、比較的幼いころから継続してみられることが多い一方で、大きく変化する場合もある。また、相手によって戦略を変えてくるいうことも多い。それによってバランスをとっているともいえる。


【感想】
この節の内容を要約すると以下の通りである。
・ストレスや脅威が高まると、脳内の愛着システムが活性化して「愛着行動」を誘発する。その誘発のされ方は、人によって様々であり、その人の愛着スタイルの特性が示される。安定した愛着では、ほどよい「愛着行動」が誘発され、ストレスの緩和や安定の維持が図られるが、①愛着行動がほとんどみられない、②愛着行動が過剰すぎる、③愛着行動とは正反対の行動がみられる、場合がある。
・子どもを親から引き離した場合、四つの愛着パターンに分類できる、「安定型」「回避型」「抵抗/両価型」「混乱型」である。「回避型」は「愛着行動」が乏しい。その後、反抗や攻撃性の問題がみられやすい。「回避型」は「愛着行動」が過剰である。その後、不安障害、いじめの被害に遭いやすい。「混乱型」は「回避型」と「抵抗型」の両方を併せ持っている。その後、境界性パーソナリティ障害になるリスクが高い。
・不安定な愛着状態におかれた子ども(「回避型」「抵抗型」「混乱型」)は、3、4歳のころから特有の方法によって周囲をコントロールする。統制型の愛着パターンと呼ばれるもので、攻撃や罰を与えることによって周囲を動かそうとするパターンと、良い子に振る舞ったり、親を慰めたり手伝ったりすることで、親をコントロールするパターンがある。・こうしたコントロール戦略は、その後の人格形成に大きな影響を及ぼす。
・コントロール戦略は、支配的コントロール、従属的コントロール、支配と従属を巧妙に組み合わせた操作的コントロールに分類できる。


 ここでは「愛着システム」(脳内の仕組み)、「愛着行動」「愛着パターン」「愛着スタイル」「コントロール戦略」という言葉がキーワードである。親子の愛着(互いに相手を愛し合い、必要不可欠な特別な存在だと感じるような接触)が積み重ねられる(抱っこ、おんぶに代表される身体接触が繰り返される)ことによって、「愛着システム」が形成されるが、それが不十分な場合、「愛着行動」(相手を求める行動)が極端に乏しかったり、過剰すぎたり、混乱したり、という問題が生じる。その問題を「回避型」「抵抗型」「混乱型」というパターンに分類して説明している。また、「愛着システム」が不十分な場合、その人は「コントロール戦略」を使って、その不十分さを補おうとする。周囲に対して「支配的」「従属的」「操作的」に振る舞って、心の安定を得ようとする。そうした「心の動き」が、その人の「人格」を形成していくのだ、という筆者の指摘はたいそう興味深く、説得力があった。
 余談だが、「今、赤ちゃんがあぶない」の著者・田口恒夫氏は「言語発達の臨床」という書物の中で、(「愛着システム」が脳内に形成されるためには)「抱っこ、おんぶ」に代表される「身体接触」(相互交流)は《一千時間以上必要》と述べている。はたして、現代の親たちは、それだけの時間をわが子のために費やしているだろうか。(2015.9.22)