梨野礫・著作集

古稀を過ぎた老人が、これまでに綴った拙い文章の数々です。お読み捨てください。

「ラジオ深夜便」(NHK)・《経済人・品川正治氏の卓見》

 午前1時から、〈「ラジオ深夜便」(NHK)・インタビュー・アンコール「日本のあす、私の提言~人間中心の経済運営とは」経済同友会終身幹事・品川正治〉を聴いたが、たいそう興味深い内容であった。品川氏の話を(私の独断と偏見によって)要約すると以下の通りである。①自分は今、86歳、その人生を大別すると「生まれてから22年間」「戦後の64年間」に二分される。②前半の22年間は、「大日本帝国憲法」下における「臣民」としての人生であり、「戦時下」の人生であった。③後半の64年間は、「日本国憲法」下における「国民」としての人生であり、「平和主義」(憲法第九条)を標榜する「主権者」としての人生であった。④前半の「戦時下」社会を、体験・研究してわかったことは、「戦争は人間が引き起こす」ものであり、「戦争を終結させるのも人間である」ということである。自分が生まれたとき、すでに日本は「戦時下」にあり、戦争は「国家」が行うものとばかり思っていたが、結果はそうではなかった。⑤憲法第九条は「戦争をしない」ことを謳ったものではなく、(日本国民は)「もう二度と戦争はできない」ということを世界に向けて宣言した文言だと、自分は理解している。⑥経営者として、「会社のために社員を犠牲にすること」は、あり得ない。⑦今は、「金融資本」の目で経済を運営している。せめて「国家」の目、理想的には「人間」の目で経済を運営しなければならないと思う。⑧GNP第二位の日本が「国際競争力」の大切さを強調しているが、その「力」とは何だろうか。第一位の米国を追い抜くことだろうか。第三位の中国に追い抜かれないことだろうか。そんなことに力を注ぐぐらいなら、それほどの力があるのなら、まず自国の「弱者」を救済することの方が先決ではないか。⑨年末に行われた日比谷公園での「年越し派遣村」の取り組みに、注目している。「日比谷」と言えば、日本の中心・東京の中心、そこで「格差社会」の矛盾が露呈された現実は象徴的である。人間の目で「経済」を見たとき、「派遣村」の取り組みは大きな「可能性」を秘めている、と思う。
 経済人といえば、「利潤追求市場優先主義」、まず「金融資本」の目で経済を見ることが大前提とばかり思っていたが、それは私の偏見、日本の経済をここまで発展させた人々(原動力)の根底には、「もう戦争で経済発展を企図することができなくなってしまった」(人間の良心に目覚めてしまった)戦争体験者の「悲しみ」と「悔恨」が、深い傷跡のように刻まれていたことを思い知らされた次第である。 
 品川氏はすでに86歳、この卓見を理解・継承・具現化できる「後輩」たちは、いかほど育っているのだろうか。
(2009.8.5)

「見捨てられる恐怖」(齋藤学「本音のコラム」東京新聞)

 精神科医・斎藤学氏が、「見捨てられる恐怖」という一文を書いている。(東京新聞朝刊・『本音のコラム』(25面)その中で、以下の内容がたいそう興味深かった。〈人の行動を動機づけるのは恐怖だ。(略)あらゆる恐怖の源には「見捨てられる恐怖」がある。そもそも私たちの精神活動はここから始まった。乳児はある瞬間、オッパイが自分のものではないことに気づく。「他者」なるものの認知の瞬間だ。夜となく昼となく母親(乳房)を求めて泣き叫ぶ時期、知恵熱とか八カ月不安とか言われるものはこのことに関連している。以後、生涯にわたって私たちはこの恐怖にさらされ続け、それを誤魔化しながら生きる。老熟すれば克服できると言ったものではない。死を怖れるのもこのためだ。(略)〉
 人間は「恐怖」を感じて行動する。その恐怖の根源は「見捨てられる恐怖」である。だとすれば、人間は、つねに、他者(その第一人者は「母親」)から見捨てられないように「行動」する、ということになる。なるほど、人間の三大欲求の一つとされる、「社会的承認欲求」(仲間の一員として認められたい、誉められたい)は、そのような恐怖感に基づいていたのか。しかも、その恐怖は、生後八カ月頃に生じ、死ぬまで続くとは・・・。私自身、生後五カ月で母親と「死別」しているのだから、その「見捨てられる恐怖」から一度として解放されることなく、言い換えれば、「見捨てられなかった」という安堵感を一度も味わうことなく、以後、六十五年が経過したということになるのだろう。だがしかし、その安堵感を味わった人々でも、「生涯にわたって」「この恐怖にさらされ続け」「それを誤魔化しながら生き」てきたのであれば、私と比べて「五十歩百歩」、大差はない。 私たちの人生にとって要点はただ一つ、「見捨てられる恐怖をどのように誤魔化せばよいか」ということになるのだろうか。こと「死ぬこと」に関しては、誤魔化しようがない。誰も一緒に死んではくれないのだから・・・。
 いずれにせよ、人生上の諸問題、社会生活の諸問題の根源には、私たち一人一人の「見捨てられる恐怖」感が大きく広く横たわっており、様々な事件・事例の本質究明にあたっては、各当事者が、その恐怖感とどのように「対峙」していたかを明らかにすることが有効であることを、斎藤氏は示唆していると思う。私自身、心底から肝銘した次第で  ある。(2009.11.18)

紅葉

  園児らのキラキラ星に降る紅葉


【補説】
 保育園の子どもたちが踊っている。園庭の銀杏、カエデが降り注ぐ。平和な日本を守らなければならない。
(2016.11.21)